アフィリエイトとは、正しい稼ぎ方を知っていれば誰でも短期間で報酬が発生します。

 

そのため、副業感覚で始めたり、本格的に専業アフィリエイターを目指す方も多いです。

 

もちろん、アフィリエイトを実践するのは簡単ではありません。難易度は、一般職で課長に昇進するぐらいと考えたらイメージしやすいかもしれません。

 

一般職でも仕事の物覚えが悪い人はいるので、正しいノウハウを覚えるまでに時間がかかってしまう人もいます。

 

そこで歯を食いしばって頑張れば本物になれたのですが、中には「このやり方じゃ稼げない、きっとブラックSEOなら簡単に稼げる!」と人を騙すやり方に走ってしまうアフィリエイターもいるのです。

 

その悪徳商法こそ、アフィリエイトの勧誘となります。

 

ブラックSEOとは?

 

アフィリエイトで成功を収めるためには、運営しているサイトやブログの記事を検索ランキングの上位に表示させる工夫が求められます。

 

そうすることで、インターネットユーザーを自分のWebサイトに集客することができるため、そこで商材を勧めてアフィリエイト収入を得ることができるからです。

 

そのため、検索ランキングを司るグーグルの検索エンジンの仕組みを理解し、正しい対策を行ってアフィリエイトを成功させる必要があります。

 

このように、記事を上位表示させるための工夫をSEO対策と言います。

 

SEO対策の詳細は、こちらをご覧ください▼

グーグルのSEOガイドラインに準じる理由は?SEO対策の方法も解説

 

これはグーグル自身も推奨しているやり方なので、『ホワイトSEO』という呼び方もされていますね。

 

ところが、中にはこれと逆の方法で上位表示させるノウハウがあります。

 

それこそ、ブラックSEOとなります。

 

ブラックSEOの方法には2種類あり、『検索エンジンを欺く方法』と『ユーザーを欺く方法』があります。

 

検索エンジンを欺く方法はユーザーを傷つけていないため、『グレー寄りのブラックSEO』と呼ぶアフィリエイターもいるようです。

 

ただ、こちらもグーグルの検索エンジンにバレたら順位を下げられますので、長続きするものではありません。

 

それぐらい、グーグルが構築したアルゴリズムは精密なのです。

 

こういったアルゴリズムを作ったのは、インターネットユーザーの利益となる情報を届けたいという一心なのでしょう。

 

中身のないWebサイトを排除することで、ユーザーのためになるWebサイトを彼らのもとに届けることができるからです。

 

しかし、その気持ちを欺く卑劣なブラックSEOがあります。

 

アフィリエイトの勧誘は、その代表的なやり方といえるでしょう。

 

勧誘はインスタやツイッターが主流

 

インターネット上のブラックSEOなら、グーグルのアルゴリズムによって弾き出すことができます。

 

しかし、ツイッターやインスタグラムのようなSNSを使ってインターネットユーザーに直接連絡を取る方法をされては、検索エンジンでは対処しようがありません。

 

SNSは、すでに現代人の生活の一部となりつつあります。

 

見知らぬ相手とコミュニケーションを取る場所としては最適なため、騙す目的でアフィリエイトの勧誘を行っている人間は大勢いるのです。

 

彼らは、ホワイトSEOで成功できなかった実力の乏しいアフィリエイターではありますが、それでも一般の方よりは副業の知識を持ち合わせています。

 

そういった知識を巧みに披露し、何も知らないユーザーに近づいてアフィリエイトの勧誘を勧めるのです。

 

勧誘の手口

勧誘の手口は、年々増加しています。

 

ただ、基本的にはアフィリエイトの概念を利用していますので、大まかな手口は判明しています。

 

これから説明する内容をしっかりと理解し、被害に遭わないように心がけてください。

 

ターゲットは主婦や学生

アフィリエイトの勧誘でターゲットになりやすいのは、主婦や学生です。

 

主婦と学生に共通していることは、フルタイムで仕事をしていないという点です。

 

そのため、就職している方よりも使えるお金が少なく、そして自由な時間が多いことになります。

 

つまり、『副業』というキーワードにぴったりな人材なのです。

 

相手がどんな職業かは、ツイッターやインスタのプロフィール画像、投稿されている内容を読めば一目瞭然です。

 

「最近、本当にヒマー!」とか「旦那の稼ぎがもう少し良かったら……」なんて愚痴を書いてしまったら、間違いなく勧誘のターゲットになります。

 

とにかく簡単であることを強調してくる

勧誘で大事なのは、相手をその気にさせることです。

 

そのため、アフィリエイトの副業は『簡単』であることを強調してきます。

 

「たった10分で月5万も稼げます!」「誰でも簡単に儲かる副業がありますよ」……こういった甘い言葉で言い寄ってきます。

 

こういった内容が書かれていたら、騙すことを目的とした勧誘であると疑ったほうが良いです。

 

アフィリエイト初心者が月10万円を稼ぐには、だいたい3ヵ月はかかるという統計上のデータがあります。

 

なので、3ヵ月以下で結果が出せることを強調している勧誘があったら、まず嘘だと思ったほうが良いでしょう。

 

友達を会員登録させて稼ぐ

最近多い手口が、友達や知らない人をツイッターやインスタ上で勧誘し、悪質サイトに会員登録させるとお金が手に入るというものです。

 

アフィリエイトの仕組みが分からない方には、「どうして会員登録させるだけでお金が貰えるの?」と思ってしまいますよね。

 

これは、自分の手を介さないで個人情報を入手する代価として報酬を払っているわけです。

 

つまり、この勧誘をしている人間もまた、ある意味被害者といえるかもしれませんね。

 

何故なら、勧誘された方は「私と同じように誰かを勧誘してくれたら、このサイトの運営者から報酬が貰えますよ」と言われます。

 

このように、勧誘すれば勧誘する人間もどんどん増えていくので、効率よく個人情報を得ることができます。

 

さて、この友達勧誘のシステムを作り上げた首謀者の本当の目的は、簡単にお金が稼げる副業に興味を持つユーザーと連絡が取れる個人情報を手に入れることです。

 

そういったユーザーに「簡単に月1000万も儲けられる方法がありますよ」と連絡すれば、何人かは興味を持ってしまうのです。

 

ただ、そのアフィリエイト商材は高額なだけであまり実用性のない内容ばかりです。

 

また、書かれている内容は初心者では難解すぎる専門用語しか並んでいないため、『簡単』とは程遠い商材となります。

 

おそらく、入手した個人情報を業者に売ることでも、ある程度の元は取れているのかもしれませんね。

 

なんであれ、すべて違法行為であることには変わりありません。

 

無料セミナー、無料コンサルの勧誘

ときには、「無料セミナーを実施しているので、ぜひ来てください」とか「無料コンサルを行っていますので、アフィリエイトのことをタダで教えますよ」といった『無料』を推してくる勧誘があります。

 

この『無料』『タダ』という言葉に弱い人は、「無料ならちょっと行ってみようかな?」「試しにコンサルしてもらおうかな?」と思ってしまうのです。

 

しかし、タダより高いものはありません。

 

本当の目的は、無料コンサルの後に高額商材を売りつけることが彼らの狙いなのです。

 

無料セミナーや無料コンサルでは、実践的なアフィリエイトのことは教えず、「アフィリエイトで成功したらこんな贅沢な生活ができますよ」「私はこんな優雅な生活を送っています」のような明るい未来だけを説明してきます。

 

こういった内容ばかりを見せられたら、「自分もアフィリエイトをしたら、こんな生活ができるのか……」という気持ちに誘導されてしまいます。

 

その気持ちにつけ込み、「その実践方法を今なら特別価格で販売していますよ」と言って高額商材を売りつけるのです。

 

ただ、こういった商材も初心者向けとは程遠い内容であり、結果的には相手の優雅な生活をサポートしているだけに過ぎないのです。

 

実力のないアフィリエイター

詐欺ではないけれど、勧誘でアフィリエイトのコンサルを紹介しているアフィリエイターがいるのも事実です。

 

そういった人は、ツイッターやインスタよりも、無料ブログでアフィリエイトを実践している初心者をターゲットにしています。

 

コメント欄に「あなたは、ちゃんと稼げていますか? 僕が実践しているノウハウなら短期間で稼げますよ」とか「私なら、ブログとユーチューブを並列させることで収入を更に増やす方法を知っていますよ」みたいな内容を書き込み、コンサル用のブログに勧誘するのです。

 

そのブログに書かれているセールスレターは、他の詐欺師とは違ってもっともらしいことが書かれているため、「もしかしたら本当かも?」と思ってしまうアフィリエイト初心者は多いようです。

 

ただ、結論を言ってしまえば、そういったアフィリエイターのコンサルに参加しても初心者が稼げるようにはなりません。

 

何故なら、その人は実力がないアフィリエイターだからです。

 

本当に稼いでいるアフィリエイターは、わざわざターゲットとなるユーザーを探して勧誘する必要はありません。

 

本物のアフィリエイターは自分で書いた記事を上位表示させ、インターネット上で集客することができます。

 

勧誘でしか集客できない相手から、ネットビジネスの何が学べるのでしょうか?

 

なので、こういった勧誘でコンサルを行っているアフィリエイターに教えを乞いても意味がないのです。

 

まとめ

ツイッターやインスタ、コメント欄に勧誘してくるアフィリエイトの話は、すべて『詐欺』か『結果が出せない内容』であると覚えていたほうが良いです。

 

本当に実力があるアフィリエイターは、自分のブログにインターネットユーザーを呼び込むことができます。

 

そして、そのブログに書かれている内容を読むことで、ユーザーは正しい知識を得られます。

 

それが本当であるとユーザーが理解したとき、ユーザーからの信頼を得ることができるのです。

 

そういったユーザーの中には、「あなたはコンサルを実施していますか?」とブログにコメントを残してくれる方がいます。

 

アフィリエイターは、その時に初めてコンサルの話をするべきなのです。

 

相手が望んでいない商材を売りつけても摩擦が生まれるだけですが、相手が望んでいるなら商材はすぐに売れます。

 

これこそ、ホワイトSEOとブラックSEOの最大の違いです。

 

ホワイトSEOを実践していると、ユーザーから「ありがとう」と言ってもらえることがあります。

 

商材を売ることで相手に満足してもらい、自分は報酬を得ることができる……。これが正しいアフィリエイトの形なのです。

 

勧誘はユーザーの必要とするものを売るのではなく、必要があるとその気にさせて購入させる手法です。

 

そんな商材には、なんの価値もありません。

 

もし、あなたのもとにそういったメールが届いて「これは本当なのかな?」と疑問に思ったら、ぜひその内容をこのブログのコメント欄に貼り付けてください。私がその真意をお答えします。