あなたは、アフィリエイトに興味を持つ前からWebサイトを閲覧していたと思います。

 

色々なサイトやブログを訪れ、たくさんの記事を読んできたことでしょう。

 

見やすかったサイトもあれば、自分本位で酷く読みづらいブログにも遭遇したのではないでしょうか?

 

もし、あなたがアフィリエイトで収入を生み出したいと考えているなら、自分が見やすいと思ったWebサイトを目指してください。

 

一般的に、『見やすい』『利用しやすい』と思えるWebサイトに共通していえるのは、『奉仕の精神に徹している』ことです。

 

何故、奉仕することが大事なのか?

 

奉仕とは、私心を捨てて尽力することを意味します。

 

ブログを使ったアフィリエイトで報酬を得るのなら、奉仕の精神が必要不可欠です。

 

分かりやすく言えば、インターネットユーザーが『見やすい』『利用しやすい』『分かりやすい』と思える体裁に整えられたブログを用意するということです。

 

つまり、インターネットユーザーが魅力的に思えるブログにアフィリエイト広告は不要ということが分かります。

 

想像してみてください。

 

あなたが『ダイエット 簡単』と検索して訪れたブログには、『これで誰でも簡単に痩せられるダイエット10選』『今年流行りのダイエットはこれ!』『みんなが簡単ダイエットで挫折した体験談集』といった記事が並んでいました。

 

こういったラインナップがあれば、「自分の求めていた内容が書かれていそう!」と思うのが普通ですよね。

 

実際に読んで満足がいく内容だったら、「他にも面白い記事はないかな?」とか「次からも利用しよう!」と思うはずです。

 

インターネットユーザーがこう思ってくれるのは、ブログが与えることに徹していたからです。

 

なんの見返りも求めず、ただただユーザーの疑問に答える記事だけで構成されているため、訪れた方はブログに好感が持てるのです。

 

では、このブログにたくさんのアフィリエイト広告が貼られていたらどうでしょうか?

 

トップページの上段から下段まで広告がびっしりと貼られており、サイドバーにも広告の宣伝が所狭しと並んでいます。

 

にも関わらず、記事の中にも広告が貼られていたり、ページをめくるごとに画面全体に広告が何度も表示されます……。

 

こういったブログだったら、インターネットユーザーは間違いなく『見づらい』『利用しづらい』『分かりづらい』と思ってしまいます。

 

いくら記事の内容がしっかりしていても、ブックマークしてまた訪れようとは思わないわけです。

 

つまり、奉仕の精神が感じられないブログにはファンがつきづらいのです。

 

ブログに繰り返しファンが訪れてくれることで安定したPVを集めることができるため、そういったアクセス数が多いブログを、グーグルの検索エンジンはランキングの上位に表示します。

 

上位検索されるようになれば、更に多くのインターネットユーザーを呼び込むことができるため、そのブログは不動の地位を確立することができます。

 

ファンを作ることは、ブログを運営する上で必要不可欠なのがお分かりいただけたと思います。

 

そのためには、奉仕の精神に徹する必要があるのです。

 

奉仕の精神に徹したブログでアフィリエイト報酬を受け取る方法

 

奉仕の精神に徹することができれば、ブログは簡単に上位検索されるようになります。

 

ただし、それではアフィリエイトで成功したとはいえません。

 

アフィリエイターは、広告収入や自作商材を販売することができなければ、ブログを維持する費用も払うことができないからです。

 

なので、私たちは広告の商材を売り込むのではなく、インターネットユーザーの背中を押してあげることで収入を得る必要があります。

 

むやみやたらと広告を貼らず、インターネットユーザーが望んでいる商材だけを提供すれば良いのです。

 

例えば、『ファッション 流行』と検索しているインターネットユーザーがいたとします。

 

このユーザーは、ファッションの流行を調べているだけなのでしょうか?

 

いえ、実は潜在意識の中に「いい物があったら欲しいな」という思いが必ずあるはずなのです。

 

そのため、まずは奉仕の精神に徹して『今年の流行ファッションはこれ!』という記事タイトルを作成し、今年の流行ファッションを詳しく紹介します。

 

その記事を見たユーザーの中には、「これカワイイ! 欲しいなー」と思ってくれる方がいると思います。

 

なので、最後に記事で紹介した商品が購入できるアフィリエイト広告を用意しておくのです。

 

こうすることで、インターネットユーザーに購入できるサイトを探させる手間を省くことができるため、奉仕の精神に徹したままで広告を紹介することができるのです。

 

興味がない相手に商材を売り込むは至難の業ですが、興味がある相手の場合は「これ、ください!」と売り込む前に声をかけてくれます。

 

そのため、アフィリエイターが行うべきことは商材を売り込むのではなく、あくまでインターネットユーザーの背中を押してあげるだけで良いのです。

 

まとめ

奉仕の精神に徹したブログ作りを行えば、インターネットユーザーを呼び込むことができます。

 

そこに適切な広告を1つ貼るだけで、商材は面白いように売れていきます。

 

アフィリエイトで稼げない方の多くは、ただ広告を貼り付けているだけだからです。

 

記事と関連がない広告を貼って収益を生み出すのなら、通常のブログよりもPVを稼ぐ必要があります。

 

1日2万PVが稼げるブログを作れるのなら問題はありませんが、それができないのなら奉仕の精神に徹したブログ作りを心掛けると良いでしょう。

 

 

今回の記事は、お役に立てましたか?

 

下部に質問を書き込めるコメント欄を設けていますので、疑問に思ったことや分からなかった部分があればお答えします。

 

記事内とはまったく関係のないアフィリエイトの質問でも構いませんので、ぜひお聞かせください。