インターネット上には、様々なWebサイトが溢れています。

 

ただ、それらはすべて『サイト』というわけではありません。

 

大きく分けて、『サイト』の他に『ブログ』で作られたものもあります。

 

今回は、『サイト』と『ブログ』の違いについて解説します。

 

サイトとブログの違い

 

多くの方は、サイトとブログの違いについて、こういった考えを持っているのではないでしょうか?

 

『アメーバブログ』『ライブドアブログ』『はてなブログ』などで作られたものがブログで、その他がサイトという考え方です。

 

確かに、これらは無料ブログと紹介されているサービスであるため、ブログであることには間違いありません。

 

しかし、それ以外にもブログはたくさんあります。

 

私が運営している『アフィプロ』も、実はブログ形式のものとなります。

 

他にも、企業が運営しているサイトが良く見るとブログだったりします。

 

ブログ=日記という捉え方もあるようですが、必ずしもそうではありません。

 

それぐらい、現在のブログはサイトと変わらないぐらい進歩しているのです。

 

もちろん、明確な違いは存在します。

 

それは、サイトとブログではプログラミング言語が異なるということです。

 

サイトは、HTMLというプログラミング言語から成り立ちます。

 

一方、ブログはPHPで作られています。

 

分かりやすい違いを挙げると、HTMLは『サイトの表示速度が早いが、運営にはプログラミング言語を覚える必要がある』もので、PHPは『データベースを利用するために表示速度が遅くなるが、日記感覚で手軽に運営できる』ものです。

 

そのため、インターネットユーザーを数多く集客したいと考える大手企業は、必然的に自社のホームページにサイトを採用しているわけです。

 

一方、メンテナンスがしやすいブログを採用することで、専門知識がない個人でもWebサイトをお店として利用することができるようになったのです。

 

アフィリエイト初心者ならブログを選んで稼ぐ

 

とはいえ、現在はサイトとブログの違いが分からないぐらい、ブログの性能が向上しています。

 

そのため、ブログを利用していても表示速度がサイトより極端に劣っているわけではなくなりました

 

また、世の中には『サイトは、まとまった記事数を書けばほったらかしにしても良い』とか『ブログは常に稼働しなければアクセスを集められない』などの誤った情報があるようですが、これは間違いです

 

正しくは、コンテンツが充実しているWebサイトをグーグルの検索エンジンは評価するということです。

 

つまり、いくらサイトを利用していたとしても、ユーザーを満足させるような最新情報を提供していなければ評価されないのです。

 

その点においては、サイトもブログも同じく評価されるといえるでしょう。

 

ただし、グーグルの検索エンジンが評価する要因の1つに『表示速度』が含まれていることも忘れてはいけません。

 

ざっくり言ってしまえば、年収1億以上を目指すのであればサイト、年収1千万ならブログ、という考え方のほうが分かりやすいかもしれません。

 

もちろん、あなたの努力次第では、ブログでも年収1千万以上を目指すことも夢ではありません。

 

なんにせよ、初心者ならブログを選んだほうが効率が良いことは分かっていただけたと思います。

 

アフィリエイト初心者は、アフィリエイトで成功するための必要なスキルや知識を身につける必要があります。

 

その時間の他に、サイトを運営するためのプログラミング言語を覚えるのは酷だと思います。

 

なので、初心者が素早く結果を出すことができるのはブログということになります。

 

まとめ

サイトとブログの違いは、『表示速度』と『メンテナンスのしやすさ』が大きな違いとなります。

 

ただ、ブログでもカスタマイズする時にはプログラミング言語を利用することはあるので、簡単なものは覚える必要があるでしょう。

 

それでも、1から学ぶよりはるかに簡単なので、アフィリエイト初心者は『ブログアフィリエイト』を実践することをオススメします。

 

ブログこそ、アフィリエイトを利用する媒体の中で最も人気があるものなのです。

 

 

今回の記事は、お役に立てましたか?

 

下部に質問を書き込めるコメント欄を設けていますので、疑問に思ったことや分からなかった部分があればお答えします。

 

記事内とはまったく関係のないアフィリエイトの質問でも構いませんので、どんどん聞いてください。