アフィリエイトで最初から外注したら、高確率で失敗します。

 

どうしてアフィリエイト初心者は外注をしないほうがいいのか、紹介します。

 

アフィリエイトの外注とは?

 

外注とは、自分で作業せず、業者に任せることです。

 

お金はかかりますが、面倒な作業を他人に任せることで、自分は違う業務に専念することができます。

 

そして、アフィリエイトの外注で代表的なのは記事作成となります。

 

記事作成こそ、アフィリエイトの作業の中で最も時間がかかるからです。

 

この作業を他人に分担させることで、たくさんの記事を書くことができます。

 

記事はアクセスに直結する存在ですので、記事がないブログはいつまで経っても収益を生み出すことができません。

 

そう考えると、まずは記事を用意することがアフィリエイトでは重要なので、それを外注するのは理にかなっているといえます。

 

この話をすると、アフィリエイト初心者は「そうか! なら、最初から外注すればいいのか!」と思ってしまうところです。

 

ですが、記事を最初から外注するのはNG行為です。

 

アフィリエイトで最初から外注はNG

 

他のサイトやブログでは、「外注がオススメです、最初からやったほうがいいです」と紹介しているアフィリエイターが多いです。

 

彼らが推している記事外注は、確かに結果が出せる手法となります。

 

ただし、結果が出せるのはブログで稼いだ経験があるアフィリエイターだからです。

 

つまり、記事を書くことで集客できる仕組みを理解しているから、外注でも問題なく結果が出せるというわけです。

 

『どんなキーワードがインターネットユーザーを惹きつけるのか』『どういった記事なら次のページをめくってくれるのか』『どんな記事内容なら広告をクリックしてもらえるのか』……などを理解していなければいけません。

 

これらを知らない状態で他人に記事を書いてもらっても、きっと元が取れずに失敗すると思います。

 

自分で記事が書けるようになれば、外注を依頼するライターに対して細かく指示が出せるようになります▼

結局のところ、正しい記事の書き方とは何なのか?

アフィリエイトは売れる記事が1つあれば収入を得ることができる

 

失敗しない外注のやり方

 

あなたが1つのブログで10万以上稼げるようになったら、外注という選択肢を考えても良いでしょう。

 

ただし、外注で頼んだほうがいい記事とそうでない記事があります。

 

厳密にいうと頼めない記事は存在しないのですが、外注は費用がかかるため、できるなら資産となる記事を依頼したほうがいいです。

 

具体的にいうと、トレンドブログの記事を依頼するのではなく、特化ブログの記事を依頼したほうがいいでしょう。

 

まずは、テーマに合ったキーワードの記事を100ぐらい頼むといいです。

 

字数は2000、『です、ます』の文末で書いてもらえば、それなりのコンテンツとしては機能します。

 

個人に頼むと費用を抑えることができますが、最初は外注を専門に扱う会社に依頼したほうがいいです。

 

外注のフリーランスはピンからキリまでいるため、実力を見極められるようになってから契約しましょう。

 

ちなみに、上記の条件で外注を扱う企業に依頼すると200,000円ぐらいかかります。

 

まとめ

アフィリエイトで労力を使う作業は、記事作成です。

 

なので、記事を外注で済ませてしまうのはアリだと思います。

 

ただし、最初から外注を利用すると失敗しやすいです。

 

記事の書き方を自分で理解していなければ、どんな記事を依頼したらいいか分からないからです。

 

まずは自分で記事を書き、売れる記事とそうでない記事が分かるようになりましょう。

 

記事作成に重要なのは、キーワードです。

 

キーワードを付け方は、こちらで紹介しています▼

ブログの見出しの付け方と配置について!キーワードを並べてユーザーの興味を惹く

ライバルリサーチのやり方は?トレンドブログで参入できるキーワードかを選定する

何故、そのキーワードで勝負するのですか?

 

 

今回の記事は、お役に立てましたか?

 

下部に質問を書き込めるコメント欄を設けていますので、疑問に思ったことや分からなかった部分があればお答えします。

 

記事内とはまったく関係のないアフィリエイトの質問でも構いませんので、ぜひお聞かせください。