あちこちのサイトやブログで必ず説明されていることは、『アフィリエイトで稼ぐためには、正しい記事の書き方を覚えること』『正しい記事を書き溜めていけば、必ず成功する』といった文言です。

 

では、『結局のところ、正しい記事の書き方』とは何なのでしょうか?

 

正しい記事とは、365日誰かには必ず読まれる記事

 

スマホやパソコンを持つ世帯は、年々増加傾向にあります。

 

一家に一台ではなく、すでに一人一台はスマホを持っていますので、世帯数よりもインターネットに繋がる機械が多くなっているといえるでしょう。

 

つまり、『日本の人口』=『インターネットユーザー』になりつつあるのです。

 

ブログの文字を英語にすれば、『世界の人口』を対象にすることも可能となります。

 

億単位の人々がインターネットを繋ぎ、検索して情報を集めようとしているのです。

 

その入り口となる記事を書いておくことで、アフィリエイターは自分のブログに見込み客を集客することができるわけです。

 

ただし、億単位の人々がインターネットを利用していても、検索されない記事を書いていたら意味がありません。

 

記事を書くなら、『365日、誰かには必ず読まれる記事』を更新する必要があるのです。

 

まず、正しい記事の大前提とは、『365日、誰かには必ず読まれる記事』となります。

 

今日だけPVが集まる記事は意味がない

 

今日PVを稼いだところで、明日PVが稼げない記事では意味がありません。

 

例えば、今日のニュース内容を明日も検索しようと思う人はいません。記事タイトルに旬なキーワードを付ければつけるほど、その記事の寿命は短くなります。

 

記事は、1日分のPVを集めれば良いものではありません。

 

1時間かけて記事を作成したのに、1日分しかPVを集められなければ、明日も記事を書かなければなりません。

 

正しい記事を書くと数ヵ月に渡ってPVを集めてくれますので、記事を書き溜めていくとその分PVも増加していくのです。

 

『橋本環奈 〇〇(今日の速報でやっていた内容)』の記事タイトルよりも、『橋本環奈 熱愛』と記事タイトルにつけたほうが長期に渡ってPVを集めることができます。

 

具体的なキーワード選定については、こちらの記事で解説しています▼

キーワード選定のコツは?PVが増加する正しいやり方

 

記事がランキング外なら検索もされない

 

正しい記事とは、PVを集めることができる記事です。

 

どんなにアフィリエイトのマニュアル通りに記事を書き上げたところで、グーグルの検索ランキングに表示されなければ意味がありません。

 

つまり、例え正しい記事の書き方ができたとしても、それがランキング外だったら間違った記事の書き方となってしまいます。

 

そうならないためにも、記事につけるキーワード選定は重要となります。

 

さきほど説明した『橋本環奈 熱愛』ですが、このキーワードの組み合わせが長期間のアクセスを見込めることは、アフィリエイターなら誰も知っているため、たくさんのライバルたちが参入しているのです。

 

そのため、1からブログをスタートさせるのなら、いきなり『橋本環奈』のキーワードで勝負しても勝てるわけがないのです。

 

最初は、もっと知名度の低い芸能人をキーワードに選ぶと良いでしょう。

 

そういったキーワードなら、まだ参入しているブログも少ないので、1からスタートさせるブログでも上位に食い込むことができます。

 

そこで少しずつPVを集めることでブログが強くなっていき、最終的には『橋本環奈』のようなキーワードでも勝負することができるようになります。

 

ライバルリサーチのやり方は、こちらで紹介しています▼

ライバルリサーチのやり方は?参入できるキーワードかを選定する

 

まとめ

アフィリエイトの難しさは、その記事を投稿してもすぐに結果が現れないことです。

 

正しい記事の書き方をしても、実際に検索されるのは1ヵ月後かもしれませんし、3ヵ月後かもしれません。

 

しかし、『誰かに読まれる記事』『長期間のアクセスが見込めるキーワード』『ブログの強さにあったキーワード選定』をしっかりと守り、記事を更新し続けることができれば、必ずそのブログにユーザーが集まってきます。

 

そういった正しい記事を書き溜めることでPVが集まり、最終的にブログ収入を得ることができるのです。

 

 

今回の記事は、お役に立てましたか?

 

下部に質問を書き込めるコメント欄を設けていますので、疑問に思ったことや分からなかった部分があればお答えします。

 

記事内とはまったく関係のないアフィリエイトの質問でも構いませんので、ぜひお聞かせください。